外壁塗装を検討する|様々なメリットがある外壁塗装の施工をしよう

良い外壁塗装をするためには

外壁塗装を検討する

塗装

外壁塗装をする時期

外壁塗装を検討している人であれば知っておいて欲しいのが「外壁塗装には相応しい時期がある」ということです。外壁塗装の施工の際は、しっかりと塗料を乾かすことが重要になるので、乾燥が甘いと機能を下げることに繋がります。その為、空気中が乾燥している春か秋が外壁塗装のベストシーズンと言えるでしょう。また、この時期は天気も良いので尚更適しているのです。

外壁塗装ができない条件

外壁塗装には施工ができない条件が存在することをご存知でしょうか。それは、気候が関係しているのです。施工ができない気候としては気温が5度を下回った時と湿度が85%よりも高い場合になります。ですから、梅雨や冬はほとんどの業者が満足のいく外壁塗装ができないと言えるでしょう。

ベストシーズンは業者が忙しい

梅雨や冬は施工が難しいとされているので外壁塗装をこの時期にするのは避けておくべきです。しかし、この時期の施工費は比較的安価となっています。また、春や秋の外壁塗装ベストシーズンは繁忙期となるので予約が取りにくく費用も割高になります。その為、外壁塗装を検討しているのであれば無理にベストシーズンにするのではなく予算内で抑えることができる時期に施工をしてみても良いのではないでしょうか。

外壁塗装をするべき時期と業者選び

外壁塗装は施工が適している時期があるのです。適している時期にすれば満足のいく施工ができるでしょう。また、満足のいく施工をするには良い業者に依頼する必要があります。ですから、業者選びは慎重にするようにして下さい。

業者を選ぶ際の注意点

大幅に費用を下げてくれる

京都で外壁塗装をしようと思うと決して安くはない費用がかかってきます。ですから、できるだけ費用を抑えて施工をしてくれる業者を選びがちになるでしょう。しかし、他の業者と比較して大幅に費用が安い業者を選ぶ際には注意点があるのを把握しておいて下さい。注意点を把握するために、なぜ費用を抑えられるのかのカラクリを知っておきましょう。まず、外壁塗装の費用にかかる大きな割合を占めているのが人件費です。また、塗料費は全体の2.30%にしか過ぎません。このように、塗料費は費用の割合としては少なく値引きをするのであれば人件費を削減することが分かります。しかし、人件費を削減するには人員を減らしたり作業時間を短縮したりしないといけません。こうなると、作業員一人に対する仕事量が増えてしまい時間にも追われることで細心を払った施工が不可能になります。また、費用が安い業者には長年培った技術を持ち合わせる職人ではなく経験の浅いアルバイトが施工を行う場合もあるのです。ですから、安い費用の業者を選ぶ時はこのような注意点を知った上で施工を依頼して下さい。

オリジナルの塗料を使う業者

最近の外壁塗装業者に多く見られるのが「オリジナル塗料を使っている」と謳っていることです。「どの業者よりも良い塗料を使っているのであれば塗料を単独で売るほうが効率的で良いのではないか」と考えられます。このオリジナル塗料の実態は、塗料のラベルを貼り替えただけなのです。また、ラベルを張り替える前よりも高い料金で売られています。ですから、オリジナル塗料を使っていると謳っている業者にも注意した方がいいでしょう。

塗料の値段

外壁塗装でよく使われている塗料がシリコン塗料になります。このシリコン塗料は同じものでも大きく料金が異なるのをご存知でしょうか。料金によっては半額にもなるのです。また、シリコン塗料がUV非対応や他社のメーカーだともっと安くすることもできます。ですから、業者を選ぶ時はどのような塗料を使っているかを確認しましょう。さらに、シリコン塗料なのに高いと思えば、どんな塗料を使っているかを聞くことが大切です。

付帯部のウレタン塗料は避ける

外壁塗装をする上で重要なポイントとなるのが付帯部です。付帯部は、雨桶や破風などに付いている部分になります。この部分はウレタン塗料で外壁塗装をすると釣り合いが取れず良い施工にはならないでしょう。ですから、付帯部にシリコンを使用する業者かどうかを確認するようにして下さい。そうすることで、破損する可能性を低くすることができ長く使い続けられるでしょう。

広告募集中